【注意】このサイトに記載されていることを他人に試すことは「不正アクセス禁止法」に該当する場合があります。詳しくはこちらから

GACKT英語ちゃんねるで英語学習

英語と健康座学

ホワイトハッカーは「英語(英文)」の理解が必須

数十年前に、外資系に転職するぞ!!と勇んで銀座の英会話学校に通ったことがあります。
まったく英語を理解していない私がプライベートレッスンまで受けて勉強をしていたのですが、なんやかんなで「コテコテの日本企業」に転職してしまい、仕事が忙しく英会話学校に行かなくなり、不本意ながら卒業してしまいました。(英会話チケットの期限切れ)

その後も何度も英語の勉強をしたのですが、まったくと言っていいほど成長が無い!!

結局は、目的が「なんとなく英語が話せれば良い」だったので物にならなかったのですね。

でも今回は違います。(毎回言ってますが・・・)

将来的に新しい知識を得るには「外国語」が絶対に必要になります。
セキュリティ素人の私が言うのも変ですが、ハッキングの技術、AIの技術は外国のほうが上をいっていると思います。日本語に翻訳される前に理解できれば鬼に金棒ですね。

しかし経験上、多くの書籍を購入して英語を勉強しましたが悲しいかな頭に残っていません。

いままでのやり方では結果は見えています。

そこで、YouTubeを利用できないか確認しました。

GACKT英語ちゃんねる

YouTubeでいろいろな動画を見ましたが、これならいけると思ったのが「GACKT英語ちゃんねる」です。あの「芸能人格付けチェック!」でおなじみのガクトさんのサイトなのです。
ガクトさんの曲は存じ上げないのですが、書籍「ガクトの勝ち方」の本は読ませてもらい仕事に生かしています。

「GACKT英語ちゃんねる」の一番最初の動画「英語ガク習塾開講!塾長よりご挨拶。」を見たときに、いままでの勉強方法と全然違うことがわかったのです。

まずは、「英語ガク習塾開講!塾長よりご挨拶。」をご覧ください。

どうでしたか。「やってみたくなったでしょう」

ガクトさんがおっしゃるには「実際に使われている発音」を中心に勉強する方法です。

「ネイティブの発音を理解し正しい発声ができるようになると、相手の言っている言葉もキャッチできる様になるそうです。(英語耳を作る)」

whitemarkn
whitemarkn
そういえば中学生の時、友人のところに遊びに来ていたアメリカ人とテニスをしていたのてすが、勇気をもって「たいやーど(Tired)」と言って無視されたことを思い出しました。(^^;;

ということで、ガクトさんのプライベートレッスンを受講します。
一年間 1レッスン60分 価格は0円 申し込み不要
動画なので不明な点は何度でも見て確認できますね。

英語が上達する重要なポイント

ガクトさんがおっしゃる「英語が上達する重要なポイント」とは

  1. 必ず毎日つづけること
  2. 正しい発音が出来るまで何度も発生の練習をすること
  3. 手鏡を持って口の形をしっかり自分で認識して発声すること
  4. 自分の発音とGACKTの発音の違いを録音して確認すること
  5. iPhoneのSiriに向かって発音し、正しく認識してくれるかチェックすること
  6. 最後に今日覚えたことを誰かに何も見ないで教えること

これを紙に書いて毎日実践するのですが
簡単そうで非常に難しいですね。習慣づけをしないといけません。

英語ガク習塾の教材は「ナイト&デイ」

そして、ガクトさんは「教材」についても話されていました。
英語ガク習塾ではアメリカ英語で「実際に映画の中で使われている表現をピックアップ」して練習するそうです。

その教材は「ナイト&デイ」
トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演の映画です。

この映画は「日常会話」がタップリ入っているそうです。
これらの教材をもとに学習します。

早速、DVDと手鏡を購入してしまいました。

「ナイト&デイ」の映画を初めて見ましたが大変面白いです。
これが字幕無しで見られるまでに成長したいですね。日本語で3回見ました。(^^;

GACKT英語ちゃんねるには現在40の動画が上がっています。(GACKT英語チャンネルはこちらから)
無料で教えていただけるのでやるしかないでしょう。

ここで押さえておきたいのは
英語を勉強する目的は
「外国のハッカーの新しい情報やAIの情報を理解できること」です。
夢は外国人と技術の話が出来るようになりたいですね。

ガクトさんの書籍「ガクトの勝ち方」より
「知・覚・動・考」(ともかくうごこう)の精神で行動に移したいと思います。

恐ろしい記事を書いてしまいました。「有限実行」ですね。
よかったらいっしょに頑張りませんか。


2021/02/24 I’m sorry.

下の歯の裏に舌を付て「I」
口を小さく息を吐き「s」
口を大きく開けて「o」
舌を口の中間の位置から徐々に舌を上あごに上げて、口を横に開いて「りー」

iPhoneのSiriに向かって「I’m sorry.」といった結果・・・

「問題ありません」と言われました。とりあえず、成功ですね。
ガクトさんの講義は覚悟がいります。