【注意】このサイトに記載されていることを他人に試すことは「不正アクセス禁止法」に該当する場合があります。詳しくはこちらから

Try Hack Meで楽しくサイバーセキュリティを学びましょう(登録編)

ホワイトハッカーの知識Try Hack Me

TryHackMeとはテスト環境でハッキングのシナリオを元に実践的なサイバーセキュリティのトレーニングが実践できるサイトです。
ゲームのようにサイバーセキュリティが学べるそうです。
楽しくて中毒性があり、ポイントも獲得でき、そしてスキルが上がる。
 
サイバーセキュリティに興味がある方はぜひともチャレンジしてほしいですね。
(英語のサイトなので英語の勉強にもなります。英語に自信の無い方も大丈夫!! Google chromeブラウザーで日本語に翻訳すれは大丈夫ですよ。)
 
このページではTryHackMeサイトの登録方法についてご説明します。
 
 

TryHackMeサイト登録方法

 
1.自分のメールアドレスを入力して「Join for FREE(参加費無料)ボタンを押下します。」
 
2.「Sign up」ウインドウが表示されるので、「Username」「Email」「Password」を入力して、「私はロボットではありません。」にチェックを入れて「Signup」ボタンを押下します。
 
3.「What’s your experience level?(経験レベルはどれですか?)」と聞いてきますので、ここは「Beginner」を選択して「Continue」ボタンを押下します。
・Beginner
I have no computing knowledge and I’m not sure where to start.
(初心者 私はコンピューティングの知識がなく、どこから始めればよいのかわかりません。)
 
私は「Beginner」を選択しましたが、そのほかにも
・early intermediate
i have basic computing knwoledge and have used linux.
(初期中級 私は基本的なコンピューターの知識があり、Linuxを使用しています。)
 
・Intermediate
Know how computers work and have basic security exprience.
(・中級 コンピュータがどのように機能するかを理解し、基本的なセキュリティ経験を持っている。)
 
・Advenced
I work in the cyber security industry.
(・高度 私はサイバーセキュリティ業界で働いています。)
 
※貴方のスキルで選択してください。
 
4.「Why are you learning cyber security?(なぜサイバーセキュリティを学んでいるのですか?)」と聞いてきますので、ここは「To start a career in cyber.(サイバーでのキャリアを開始します。)」を選択して「Continue」ボタンを押下します。
 
私は「As a hobby」を選択しましたが、そのほかにも
  • As a hobby.(趣味として)
  • To advence my existing career.(私の既存のキャリアを前進させるため。)
  • To see if cyber is right for me.(サイバーが私に適しているかを確認します。)
  • Other.(その他)
 
5.「Welcome to TryHackMe」画面が表示され、登録完了になります。
 
このページで学習する項目を選択します。
  • Pre Security(プレセキュリティ学習パス)
  • Offensive Pentesting(攻撃的侵入テスト学習パス)
  • Cyber Defense(サイバーディフェンス学習パス)

 

Pre Security(プレセキュリティ学習パス)

Pre Security学習パスでは、サイバーセキュリティを開始するために必要な技術的知識を学びます。
テクノロジーを攻撃または防御するには、まずこのテクノロジーがどのように機能するかを学ぶ必要があります。
プレセキュリティ学習パスは、基本を学ぶための初心者向けの楽しい方法です。 あなたのサイバーセキュリティ学習の旅はここから始まります!
 

Offensive Pentesting(攻撃的侵入テスト学習パス)

どこにいても、侵入テスターのスキルと要件は同じです。 Webアプリケーション、ネットワーク、場合によってはアセンブリなどの低レベルのテクノロジーなど、情報セキュリティのさまざまな側面を十分に理解する必要があります。 これらのテクノロジーを十分に理解することは、それらを活用する方法を学ぶために不可欠です。
 
このパスの目的は、業界標準のツールを使用する方法と、マシンの脆弱性を見つける方法を教えることにより、実際の侵入テストの準備を整えることです。 このパスを完了するまでに、ペネトレーションテスターとしての面接や仕事の準備が整っています。 このパスを完了するには、コンピューティングの基本から中程度の理解が必要です。
 
この経路を使用して、セキュリティ業界で有名な認証者に行き、認証を受けるために必要なスキルを習得するのに役立てることができます。
 

Cyber Defense(サイバーディフェンス学習パス)

サイバーディフェンスパスは、脅威の検出と対応に必要なさまざまな領域を幅広く紹介することを目的としています。 このパスでは、次の領域を調べます。
  • 入門
  • 脅威と脆弱性の管理
  • セキュリティ運用と監視
  • 脅威エミュレーション
  • インシデント対応とフォレンジック
  • マルウェア分析とリバースエンジニアリング
このパスを完了すると、企業環境で脅威を検出して対応し、これらのコアコンセプトを使用して、このフィールド内のより複雑なトピックの理解を深めるという基本的なコンポーネントが得られます。
 
注:この経路はまだ開発中であり、利用可能になった時点でさらに多くの部屋が追加されます。
 

メールの確認

TriHackMeから登録したメールアドレスに2通メールが来ていると思います。
 
1通目は
「Thanks for signing up」のタイトルで「登録したメールアドレスの確認」です。
「Verify Email」ボタンを押下して、メールアドレスの確認をしてください。
 
2通目は
「Welcome to TryHackMe – It’s nice to meet you!」のタイトルで「部屋を完成される」と「2日間のハッキングストリークを入手」して学ばないといけないみたいです。
「Keep Learning」ボタンを押下します。
 
Pre Security(プレセキュリティ学習パス)の画面に移動します。
 
※Pre Security(プレセキュリティ学習パス)には
  • Cyber Security Introduction(サイバーセキュリティの紹介)
  • Network Fundamentals(ネットワークの基礎)
  • How The Web Works(Webのしくみ)
  • Linux Fundamentals(Linuxの基礎)
  • Windows Fundamentals(Windowsの基礎)
などがあり、基礎から学べそうです。
 
また、月々10ドルの有料オプションがあるみたいです。
こちらも必要であれば利用したいと思います。
 
 

TryHackMeサイト登録方法のまとめ

今回はTryHackMeサイト登録方法をご説明しました。
登録は比較的簡単ですが、利用が難しいですね。
なにせ英語ですから(^^;;
でも、ブラウザ(Googe chrome)の機能で翻訳できますから、徐々に進めていきたいと思います。
進捗が進めば、記事にしますね。